2020年12月5日

雪見紗弥とは、 – 今まで頑なに出演を拒否していた、超絶美人女子社員がついに脱いだ!?人事部 仲村有紀

投稿者: erotaro

今まで頑なに出演を拒否していた、超絶美人女子社員がついに脱いだ!?人事部 仲村有紀

悩める若手社員を新卒の頃から暖かく見守り優しく励まして来た、入社6年目の人事部・仲村有紀。

そんな彼女の寿退社発表に社内は騒然!入社当初から仲村を慕うAD藤井は一念発起し、思いがけない行動に出る!…7作目でついに、超絶女子社員シリーズ開始のきっかけとなった、人事部・仲村有紀が登場!!退職までの2ヶ月間、制作部が全精力を注いで繰り広げる苦闘の果てに、意外な結末を迎える。

「今まで頑なに出演を拒否していた、超絶美人女子社員がついに脱いだ!?人事部 仲村有紀」の本編動画はこちらから

人事部 仲村有紀 VS 巨根AV男優 肉弾戦、巨根ねじ込み攻め!

サンプル画像にあるAD?君との絡みしかなく前後の話が長いです。

でも女優さんの着用しているタイトフィットと白ブラウスにむらむら来ます。

ADとの絡みだけで、う~ん、いまいち・・と思い、特典映像を見ましたがこちらが良いです!!ホテルの一室でAD君に愛撫されてるとパンツ一丁のマッチョな巨根男優とカメラマンがそーっと侵入・・。

驚く女性社員(AV女優)!あれよあれよという間にAV男優がベッドイン!そこから嫌がりながらも69、イマラを決めて正に肉弾戦の如く、肉と肉のぶつかり合いという感じの絡みです。

AV女優と分かっていても会社の女性社員がAV男優と最初は嫌がりながらも快楽に溺れ最後はメスと化す姿が堪りません!!

おしい!

「超絶」シリーズは外堀(セックスに至るまでの過程)の作りこみが半端ではなくよくできていると思います。

SODの作品は全作品ヤラセという言葉をあえて使わず私は「ノンフィクション風フィクション作品」だと思っています。

で、結局この作品の決め手ですがレビューの表題に乗せたようにおしいです。

それは何故か?女優さんのメイクにあると思います。

いくら女子社員役というのを外堀の演出で盛り上げても女優さんがバッチリ撮影用のAVメイク・ヘアメイクをしているのでどう見てもそこだけ浮いています。

あと、とってつけたような眼鏡もそれに拍車をかけていると思います。

以上色々かきましたが面白い作品ではあります。

これからも期待しています。

仲村有紀ねぇ~

雪見紗弥って女優なのね!このこ見てて、純粋そうなイメージ、悪くいえば演技に、一瞬騙されそうになっちまったよ!おいおい、まじSADの社員かよ!って・・・ありえんありえんこのシリーズは借りない

好きな作品

このシリーズは好きでずっと観てるのですが。

これのよさはヤラセでもどれだけ社員役の女優さんがそれらしく演じるかなんですよね。

それとどこかで観たような女優って思わないことです。

この女優さんは雪見紗弥さんではないでしょうか。

結構な本数を出しているのでは。

少し萎えますね。

知らなければ問題無でしょうけどね。

雪見紗弥とは、

雪見紗弥という女優さんはどうも掴みづらい。

本作では後輩を思いやる心優しい女子社員を演じていて、まさに理想的なお姉さんといった存在。

他の出演作においても性格に好印象を抱くものが多いのだが、見方によっては少し恣意性を感じなくもない。

そのあたりが評価しにくい部分に感じるのだが、顔もスタイルも平均以上。

NGが少なく、制作側にとっても視聴者にとっても「使える女優」である。

本作はほとんどがドキュメントで、カラミは最後に1回のみ。

収録時間も短く何とも見応えのない作品。

あまり入り込める要素が少なかったので、上の様なことを考えた。

「今まで頑なに出演を拒否していた、超絶美人女子社員がついに脱いだ!?人事部 仲村有紀」の本編動画はこちらから