2020年12月4日

【新山沙弥, 大槻ひびき, 波多野結衣】配役再考慮 – 女王様凌●戦争 JACKAL ANOTHER NIGHT〜仁義なき狼藉の宴〜

投稿者: erotaro

女王様凌●戦争 JACKAL ANOTHER NIGHT〜仁義なき狼藉の宴〜

女王様倶楽部「XX」で勃発した女王様同士の抗争。

正統派・静女王様とその弟子・寧々。

対するは暴力団と連携して顧客を食い物にする神楽女王様。

激化する女王様戦争は男たちの邪な思惑も巻き込んで更に増幅してゆくのだった。

「女王様凌●戦争 JACKAL ANOTHER NIGHT〜仁義なき狼藉の宴〜」の本編動画はこちらから

女優名: 新山沙弥, 大槻ひびき, 波多野結衣

タイトル

作品のタイトルと内容が少し合っていないように感じました。

その中でも、大槻ひびきの土下座シーンは良かったです。

波多野結衣と大槻ひびきがお互い引きたて合ってる好良品

前半は波多野結衣の痴女ぶり、後半は大槻ひびきへの波多野結衣の責めから新山沙弥のマゾ落ちへとそれぞれ趣向を凝らした展開で十分満足できた。

特に波多野結衣と大槻ひびきのやりとりは、お互い芸達者で共演も多いためか、退屈させず、お互いの良さが出た場面展開となった。

大槻ひびきは相変わらず甘えがちの顔が良い。

これは・・・!!

新山沙弥・大槻ひびきVS波多野結衣・若槻シェルビーって言う構想前半、黒女王様の波多野結衣・若槻シェルビーが男を痴女プレイで犯しまくり、波多野結衣の痴女っぷりが、ヤバイです。

いつもの痴女テクに合わせて女王様が融合し、今まで見た中で一番やばかった!怖い面もあるが・・・それだけの快楽を与えてくれているので、あれは奴●になりますね・・・その後の若槻シェルビーを交えての3Pもヤバイ中半は、大槻ひびきを拘束し、波多野結衣・若槻シェルビーによる凌●責め催●術で動けなくし徹底的に凌●しまくります。

(大槻ひびきの痴女プレイを見れなかったのが残念でしたが)後半は、大槻ひびきが負けた事によって、新山沙弥が囚われてメス奴●として堕ちていく感じです。

ただのレズ抗争かと思っていましたが痴女プレイ・レズプレイ・凌●プレイといろいろなプレイが1度に見れて良い!

これはSMではありませんw

女優さんは、ボンデージ風(あくまで風)の衣装を着ていますが、この作品はSMではありません。

女王様…とありますが、雰囲気だけで、それっぽい場面があるのは、大槻ひびきさんのシーンのみ。

緊縛シーンも、ほぼ大槻ひびきさんのみ。

使われる小道具は、バイブとマッサージ器だけなので大変ソフトです。

ストーリーはというと、女王様が落とされるきっかけになるのが、「催●術」というw、ちょっと残念な感じのシナリオです。

それでも、いい点を上げるとするならば、新山沙弥さん以外の女優さんの体はベテランさんなのにスレンダーでその点は努力されているなあとも思われます。

ただ、新山沙弥さんの子ブタのようなボンデージ姿も、クスッとしてなごみます。

あくまで若槻シェルビー作品として

しばらく表の業界からは姿を消していた若槻シェルビーが、久々に出演した作品が発売されたので、鑑賞しました。

残念ながら、シェルビーは前半に3Pの絡み一回で終わりです。

ドラマ要素の強い作品なので、脱いではいるものの露出的にも少なめで、かなり残念でした。

後半にも出てくれると良かったんですが。

配役再考慮

痴女、緊縛に興味がなく、ただ女王様が堕ちる所を見たかったのですが…。

新山沙弥・大槻ひびきさんは女王様としての絡みはなく、行動、言動でそれらしい事はわかるのですが…、物語開始から女王様としての貫禄は見えて来ず、どうしても始めからM女にしか見えません。

配役に問題があります。

新山さんだけ堕ちるのも消化不良です。

作品紹介の時間いらないので大槻さんが堕ちる所も見たかったです。

タイトルどうりならランマルさん(ライダースーツで緊縛している女性)の凌●堕ちもアリではないでしょうか?

「女王様凌●戦争 JACKAL ANOTHER NIGHT〜仁義なき狼藉の宴〜」の本編動画はこちらから