2020年12月7日

【川上ゆう(森野雫)】沢木と田淵にヤラレる、ゆう、エロいです – 保健教諭、椎名優子 服従の診療日誌 File.03 川上ゆう

投稿者: erotaro

保健教諭、椎名優子 服従の診療日誌 File.03 川上ゆう

父の背中を追い、夢描いた教諭と言う仕事。

でもそこにあったのは、理由なき地獄の連続だった。

私は突然、訳もわからぬまま犯●れて…。

私を巻き込んだ渦は大きなうねりとなって、私の全てを飲み込んでいった。

「保健教諭、椎名優子 服従の診療日誌 File.03 川上ゆう」の本編動画はこちらから

女優名: 川上ゆう(森野雫)

お●んこ知新・アタッカーズ王道復活か?

女優⇒川上ゆう男優⇒田淵正浩これを聞いただけでまあハズレはないだろうと想像まあ、作品内容は初めのレビューの方通りで観ていて安心感はある。

本作品の見どころは川上ゆうの白桃のような「美尻」見事にシミ一つない尻で割れ目の中心がほんのり黄色く凄くエロい。

この美尻を保つには普段の食生活と性生活を我慢?して営んでいるのであろう。

しかし綺麗な尻だ。

同日観た「神波多一花」の尻と比較してみると良く分かる。

男優田淵も息の長い男優だ。

田淵の初見はビッグモーカル「貴婦人画報」でセレブな奥様をセックスでおもてなしする内容で、多分まだ20代でその性力は他の男優を群を抜いて素晴らしかった。

凋落アタッカーズはこの王道路線で復活なるか見ものである。

最後のカラミは長くて飽きてくる

川上ゆうの強●され悲観する演技は上手い。

強●も拒否しながら男優の動き妨げない動きはさすが。

川上ゆう、教頭田淵のカラミは熱演だが、最後のカラミまで拒否で重たく、その前とほとんど同じシチュエーションで長すぎてさすがに飽きてくる。

教頭との決着が無いのも不満。

最後教頭に屈服するとか、フィアンセも裏切るとかもう一ひねり欲しかった。

がちすぎて微妙

演技はもうし分ないのですが嫌がり方がリアルすぎてかわいそうになってくる堕ちるというより最後まで嫌がってた

沢木と田淵にヤラレる、ゆう、エロいです

これが最初のレビューかぁ…。

ゆう、まだ人気女優だと思っているけど…。

ゆう、1982年3月3日生まれで、もう(orまだ)32歳か。

最初は、坊主頭の沢木に。

二人とも大ベテランで、見事?です。

ちょっと、ゆう、叫びが過剰かな、とも感じられるけど―声だけでそそられます。

沢木のツボをおさえたパコパコに、ゆう、も段々…。

いい絡みでした。

その後も沢木に付きまとわれ、保健室で、イラマ。

続いては当然、田淵教頭が…。

ネッチリと、しつこく。

ゆう、最後まで抵抗するも…。

田淵、途中でゴムを外して…。

なのに、中出し、しないのかよ!時は過ぎて3年後、田淵と会って、また(not股)…。

今度も最後まで抵抗したけど、今度は中出しまでされて…。

大島は、カメオ出演かぁ。

「保健教諭、椎名優子 服従の診療日誌 File.03 川上ゆう」の本編動画はこちらから