2020年12月18日

【夏目彩春】私は彼女を愛している – 毎週木曜日は、あの人に抱かれる日…。 夏目彩春

投稿者: erotaro

毎週木曜日は、あの人に抱かれる日…。 夏目彩春

あの時、あの人と結婚していたら…どんな人生だったのだろう。

移ろいゆく日々の中で、彩春は様々な想いを巡らせていた。

幸せだった毎日が急に退屈に思えたある日、閉じ込めていた想いが再び呼び起される。

元上司・武田との再会。

かつて同じ部署で互いを高め合ってきたふたりは自然と惹かれ合い、逢瀬を重ねるのであった。

「毎週木曜日は、あの人に抱かれる日…。 夏目彩春」の本編動画はこちらから

女優名: 夏目彩春

120分中6回

今作は6回の性交があります。

最初だけは男優のボソボソ囁く台詞が耳障り。

その男優「密通の秘め事出張先の旅館で同僚と…」「夏目彩春の性感マッサージ」に続き今回で3回目のキャスティングです。

とにかく前戯も含めねちっこく時間を掛け夏目彩春を弄び征服し剛健な性交を展開します。

前作は魅せるSEXで高評価だったのですが今回は自分本位尚且本気でイチ夏目彩春ファンなんだろうなと感じる演技でしたね。

それはそれでいいのですが…夏目彩春のふとした仕草や表情にもそそられむやみやたらに叫んだりなく行為の中での恥じらいも堪りません。

均整がとれた肢体、言うまでもない腹筋と特に背中の美しさは観ていてついつい凝視してしまいます。

今年で35歳になりますが澤村レイコのような息の長い稀少な女優で居続けてほしいと切に思います。

貞操観念と女の悦びの激しい葛藤

変化のない毎日を送る貞淑な美人妻。

酔い潰れた旦那が元上司に付き添われて帰宅。

元上司は、かつて恋心を抱いていた妻子ある男。

寝入る夫を横目に会話が少ないという夫婦関係など雑談。

「子供作らないの?」「排卵日だけお務めしてます。

」これ刺さるわぁ。

おもむろに人妻を抱きすくめ、抵抗むなしく後ろから挿入寸前、嫁から電話で未遂に終わる。

翌日旦那が忘れた書類を届けに行き、男から誘われるが「もう会わない。

」帰宅中のLINEに「ホテルで待ってる。

」帰宅するはずが引き返す人妻。

抱き寄せられ、必死に拒むと「ここに来たという事はこういう事でしょ。

」「だめ。

」「ちがう。

」を連呼。

夫を裏切れない想いと愛する人に抱かれたい想いが交錯。

彩春さん史上最も激しい葛藤。

「拒む手や足に力が入ってない。

」「ここもう湿ってる。

」と追い込んでいく。

猛る怒張を咥えさせようとし「旦那のも舐めてるんでしょ。

」いやいやしつつ「これで終わりに…。

」観念して頬張ります。

貞操観念と女の悦びのせめぎ合いの末、埋め込まれてしまう。

「締めつける。

出そうだ。

」「だめ…」「出る。

」もうやめようと言い聞かせても、また会いたいのLINE。

メイクを決め、先日の白の下着から水色のお洒落な下着へ。

ベッドに押し倒し、男が愛撫を始めたのも束の間、彩春さん自ら上になり、目に光を宿らせ舌を絡める…不貞に舵を切った証。

乳首や肉茎を這う神舌が炸裂。

「激しいんだね…」たじろぎ堪らず口内射精。

濃厚なSEXを尻射で終えた夜、夫から「今日排卵日だっけ?」掛布団越しに営むおざなりのSEXを終え、妻「子供ができたらこういう事しなくなるだろうね。

」男は木曜の午後はセミナーと称して密会を重ねる二人。

「旦那とどっちがいい?」「奥さんともしてるんですか?」「彩春も教えてくれたら教える。

」「…。

」「気持ちいぃ。

もっと…。

」上品な恥毛や極上の裸身がまる見えのシャワー室でも倖せそうにまぐわい、立位で尻射されます。

夜、夫から「男の奥さんから旦那の不倫を疑ってると相談されてる…。

」動揺する妻。

次の木曜「終わりにしましょ。

奥さんと別れる気ないでしょ。

」自宅に訪れた男に抱きつかれ本能のままに愛し合います。

「好き…。

頂戴…」滾る樹液を注入され至福の美貌。

3か月後、孕んだ子の父は「どっち…?。

」夫を裏切れない想いを凌ぐ、愛する人との愛欲を断ち切ることができない人妻の切なさが伝わる熱演でした。

貞淑ぶった胸糞ビッチ妻

いきなり夫の目の前でやり始める漫画展開で始まりましたが、その後はシリアスな展開で結局普通の不倫物でした。

互いに既婚者で完全な火遊びW不倫でありながら、托卵という快楽とは関係ない精神的な部分の裏切りまで平気で受け入れる胸糞展開。

中出しを受け入れるということは、もしもの時は一生夫をだまし続けるという選択をしたわけで、ほぼ夫をATMとしか見ていない事は自明なのに「私は夫を愛してる」とヒロイン気取りで葛藤ごっこしてるあたりがなんとも胸糞ポイント高かったです。

笑ノコノコとホテルに出向きながら毎度ちょいと拒む白々しさも、なかなか嫌な女。

夏目彩春の演技は完璧で、カラミのクオリティも抜群。

照明やカメラワークも文句なし。

ただ、このビッチ不倫シナリオがエロさを引き立ててるかというと微妙なところ。

不倫物は背徳感やリスクが大きいほど「それでもやめられない」という快楽の強調効果が生まれますが、こうして托卵余裕のビッチ展開になってしまうと効果は薄くなってしまいますね。

いいドラマだったがコスパが悪い

このドラマが純愛不倫ものなら、愛のあるセックスが出来ない男優・武田は役者不足もいいとこだったが、この作品のように妻子がいるのに同僚の妻を平然と食いに来るようなサイコパス男はハマり役。

そしてそんなサイコパス男の蟻地獄から抜け出せなくなってしまいながらも、建前のモラルと板挟みになって苦しむ清楚妻に夏目彩春がこれまたハマり役。

妻子がいるので一度はあきらめた、好きだった男に抱かれる女としての悦びと、失恋から逃げるように結婚したセカンドチョイスである夫に対して、本当は愛などないのだと認められない、妻としての義務感や罪悪感の間で揺れ動く女心を女優が見事に好演している。

本音に走って夫と別れたところで男にとっては単なるお遊びであり、妻子と別れてくれて一緒になれるはずもなく、どちらの子供かも分からない子供を産み育てながら夫に嘘をついて、愛人に抱かれ続けるしかないであろう人妻の詰んじゃった人生がなかなか破滅的で、アタッカーズドラマにふさわしい内容。

ただ、本番は最初と最後の2回だけで真ん中はひたすら疑似ハメであり、値段に対するコスパは微妙。

中間部分が充実していれば満点もいけたかもしれないが、そこまでの作品ではなかった。

夏目に未だ名作なし・・・。

松下紗栄子に勝るとも劣らない、人妻女優として素晴らしい女優なのに。

如何せん本が駄作ばっかり。

もっと背徳感が滲み出るような作品を、夏目で作って欲しいものだ。

もうセンズリ専用女優にしとくには、勿体なさすぎる。

最悪な胸糞ドラマ

最悪な胸糞ドラマです。

ただの不倫ドラマを延々と見せられるだけ。

旦那に罪悪感は無いのか。

専業主婦の分際で旦那の稼ぎで生活しておいて不倫とか嫁はどうかしてる。

中出しも拒まないで進んで受け入れるとかちょっと理解できない。

こういうのは旦那に申し訳ない背徳感が良いのにそれすら無い。

さすがに子供が出来たら別れるなり何なりしないと。

嫁だけ良いとこどりなだけで旦那が可哀想でならない。

ドラマだけど、夏目彩春が嫌いになった。

最悪な胸糞ドラマです。

お決まりの

絶対に、男がスーツ、女が私服でセックスする木曜日。

すこし散乱した印象はある。

夏目★5 構成と脚本★3 総合で★4か

セックスに喜怒哀楽の感情を込めて表情や姿態で美しく表現することにかけては夏目彩春ほど魅力的な女優はあまりいないと思います。

イメージ演技もかなり上手いのですが彼女の真価はやはり本番シーンにあります。

彼女の魅力ということでは★5なのですが、★を一つ減らしたのには2つ理由があります。

1.中盤で不倫に溺れていく描写にはイメージシーンが多用されていますが、ここは、かりそめの幸福感をしっかりした本番で出してほしいところ。

契約条件の制約や尺の制約などあるのでしょうが、少し残念。

2.女の方の気持ちが揺れ動いているのに、男の方は単に身体目当てとしか思えない即物的なセリフが多く、恋愛感がいまいち盛り上がらない。

またラストの絡みは破滅の予感で高揚してるのかと思ったら、子供を作ってしまうという謎エンド。

脚本的に違和感を感じる場面が気になります。

不倫ドラマだったんですね

初恋もの(だから同窓会ものも)好きじゃないし、不倫男の男優が好きじゃない(同窓会ものに凄く見かける)。

だから迷ったが、夏目さんは演技もスタイルも好きで、気になっていたので視聴してみた。

が、好きな夏目さん出演でも乗り越えられなかった。

最初から男に気があるから、部屋へ訪れるのもどうかと思うけど、ギリギリ我慢するとして、中出しされてる時ホトンド抵抗していない。

なので、その後の演出も取り敢えずお互い結婚している男女という看板だけで、単なる男女のSEXにしかみえず、私的には見る価値がなかった。

確かに他メーカーみたいに安易にNTRとか付けてないから文句言えないけど。

やっぱり、間男は顔見知りはダメだね。

女優さんがきれいに撮られている

いろいろと細かくシーンが作られているね。

室内の感じから 女優の衣装まで、変化がある。

それとか、ネットでの通信のやりとりも画像に示していて、工夫がかじられた。

さすが、アタッカーズだ。

こういうのは 他のところではなかなかできないのではないか。

こういう細部のこだわりがあると、物語の世界に入っていきやすい。

それと、夏目彩春、うつくしい。

ますます きれいだ。

私は彼女を愛している

このビデオはポイントを証明します。

性別が一致すれば、彼女のシーンはもっと面白くなります。

より多くの合意があればそれはより良いです。

私はいくつかの合意されたSMシーンも見たいです。

「毎週木曜日は、あの人に抱かれる日…。 夏目彩春」の本編動画はこちらから