2020年12月8日

【保坂えり】ジャケット写真は120点 – メガネっ娘いもうと中出し 1 えり

投稿者: erotaro

メガネっ娘いもうと中出し 1 えり

清純で、優しい瞳のメガネっ娘。

文化系少女のおっとりとしたメガネが魅力のいもうとえり。

いつも兄を慕い、兄のどんな願いも天使の笑顔で了承してくれる!?ある日、何気ない兄のエッチなお願いも頬を赤らめ恥ずかしがりながら頷き服を脱ぎ裸体を兄に捧げる、メガネが良く似合う妹と兄の純真ラブストーリー。

「メガネっ娘いもうと中出し 1 えり」の本編動画はこちらから

女優名: 保坂えり

ジャケット写真は120点

先人のレビューにある「おもしろくない」「抜きどころがない」というのが気になり実際に見てみたが、その感想に納得するしかなかった。

本当にひどい。

兄妹ものというシチュエーションのせいもあって冒頭10分はつまらない演技が続く。

最初の挿入は40分過ぎ、フィニッシュはちょうど1時間後。

後半1時間はアダルトイメージビデオ的な内容に。

制服オ○ニー、ビキニにローション、浴槽で白スク。

最後はなぜかフ○ラで〆る。

全体的に淡白で盛り上がりの欠片もない。

興奮もない。

女優の反応が乏しいのが一番の問題だが、見栄えの悪い男優の攻めもヒドい。

まるで素人集団が「AVなんて俺たちでも撮れるっしょwww」というノリで見よう見マネでカメラを回したとしか思えない稚拙さに満ち溢れている。

カメラワークや構成もおかしい。

そんな映像が2時間も続く。

こんなものに3000円も払うなら、そのお金を握って近所の映画館へ行き特大のコーラとポップコーンを買ってマンガの実写化映画でも見たほうがマシだ。

ジャケット写真だけは本当に素晴らしい。

そこだけは褒められる。

「メガネっ娘いもうと中出し 1 えり」の本編動画はこちらから