2020年12月19日

【三咲エリナ】エロスは外見にこだわらず!! – 義父に犯●れて… 美嫁いぢり 三咲エリナ

投稿者: erotaro

義父に犯●れて… 美嫁いぢり 三咲エリナ

夫・年一が会社をクビになり、多額の借金も抱えていたことが発覚したために、しかたなく夫の実家に身を寄せることになった妻・エリナ。

家事を手伝うけなげなエリナに、企業の会長を務める義理の父・功夫の魔の手が伸びてゆく。

追い出されまいと必死に耐えるエリナ。

しだいにエスカレートしてゆく、功夫の無茶で猥褻な要求。

義父の性奴●と化した美嫁の運命は!?

「義父に犯●れて… 美嫁いぢり 三咲エリナ」の本編動画はこちらから

女優名: 三咲エリナ

パケ写とは雰囲気が違いますよ。

動画はパケよりも目鼻だちがはっきりしています。

胸の形は崩れているし、ウェストはほとんどズン胴といえますけど色気があって本気の演技ができる女優さんです。

ただし、21世紀の作品とは思えないほどのモザイクの濃さが難点。

せっかくガチで本番している(はず)のに勿体ない。

ともあれ、イヤがりながらも感じてしまうというエロビデオお決まりの演技をうまくこなせていると思います。

この人の作品はそんなに見ていませんが、人妻沿線ぶらり旅お台場はおすすめです。

素人の人妻という設定で変な演技をすることもなく素でセックスを楽しんでいます。

旦那さんが・・・

三咲エリナさんの演技はとても感情がこもっていてよかったです。

おっぱいが半分見える服がとても良く似合っていました。

旦那さんと義理の弟さんがあんまり上手く話しに絡んでいない気がしました。

途中からアラスカ支店にでも赴任したということにして、出なくしてもよかった気がします。

ストーリーはまあまあ

ストーリーはまあまあだったけど、女優の演技がしらじらしくリアルさを感じさせない。

ルックスはまあまあだけど、パッケージにちょっとだまされたかな(苦笑)どうせなら、義父と義弟に同時に犯●れて二人の精液まみれになるところにバカ夫が切れて犯●れ性奴●。

くらいやっても良いと思う

物足りない絡み

ストーリーの流れに沿った絡みが少なく感じた。

冒頭のいらない絡みなどなくして、表題のとおり美嫁をもっといぢって欲しいですね。

三咲エリナの切ない表情は秀逸なので、もっとその表情を捉えて欲しかった。

勿体ない。

いいね

すきだね、こういうの。

白い水着を着せて、拘束して、じっくりと三咲エリナの体を義父が味わっていく。

 たまらないね。

義父に犯●れて・・・

結構良かったけど・・義父が友人でも交えて複数でエリナさんを責めたりとかしてくれればもっと良かったけど。

スタイルも凄くいい訳じゃないけど割とエロイ身体してるかな・・でもお腹がチョット気になるけど。

それと・・モザイク大きすぎっ!!!

偏差値50が普通なら・・・

偏差値50が普通なら・・・72くらい。

まずストーリーの展開、まずまずじゃないでしょうか。

苦悶のエリナさんの魅力が十分に発揮されてます。

女優としても素晴らしい。

義父がやや若いような、それでも偏差値は良い感じ。

こんな美嫁と出会いたい。

もう少し頑張って下さい。

女優さんのルクスで購入してしまいました。

美人で、むっちりしていて、ホント良いレベルです。

ただし作品としては、嫁を犯している感じが強くなく、平坦な内容ですね。

義父の年齢が若いのも、なんとなくシリアスな緊張感がなく、だらーっとした作品でした。

義父ものは

興味のなかった私ですが、女優さんの表情、お芝居に惹かれ、しっかりとヌケました。

もちろん好みは人それぞれですが、私にはうれしい作品でした。

監督、スタッフ、俳優、みんなガンバレ!

悪くは無いけど・・・

話は悪くない。

個人的好みで言えば、序盤のバカ夫へのフェラ手コキシーンは要らないし、義弟との絡みも不要に思う。

その分、義父による調教シーンを増やすか、義弟との絡みを入れるなら最後は義父、義弟との3Pにして、ラストは肉奴●としてきっちりはまりきった嫁の顔を見せて欲しいね。

ひたすら義父のナニをしゃぶり続けて〆では消化不良というのが否めない。

同じ嫁の言葉で締めるなら「だんだん壊れていった・・・」じゃなく、バカ夫に向かって「私は、お父様の女よ!」ぐらい言って欲しいかな。

エロスは外見にこだわらず!!

ストーリーはなかなかでした!!…ただカラミはちょっと物足りない感じがしました。

しかも、モザイクがデカ過ぎですw女優の三咲エリナさんは、幼児体形っぽいですが内から湧き出るエロスがありますね~!!「…義父さんソコはダメッ!!」など台詞や仕草がイイです!!…ただカラミがね…残念ですっ!!

「義父に犯●れて… 美嫁いぢり 三咲エリナ」の本編動画はこちらから