2020年11月28日

【黒木なみ】黒木なみ、はまあまあ可愛かったし – 絶頂濡れまくり

投稿者: erotaro

絶頂濡れまくり

屈辱の仕打ちに酔いしれる女の記録。

SMに不信感を持っていた黒木なみに縛師・由比氏の不思議なパワーが。

彼女が今まで体験したことのないエクスタシーに感動の涙を流し、蝋燭、鞭、縛りでイッてしまう程の真性M女に生まれ変わった。

「絶頂濡れまくり」の本編動画はこちらから

女優名: 黒木なみ

このじじいマジもんじゃねーかw

他のレビューではスルーされてるし(気付かなかったのか)最初目を疑ったが何度も確認したから間違いない。

このじいさん指つめてやがる。

理屈は良くわかる。

指の長さを同じにしたほうが女は撫でられて気持ちいいから。

でも、だからって普通やるか!?女のカラダ撫で回すためだけに自分の指切り落とすか?この子は運がいい。

才能あっても幼稚な勘違いサディストに駄目にされちゃうマゾの子って多いから。

マジもんのマゾとマジもんのサドによる入門SM。

SM初心者は観ておくべきだし、業界関係者にこそ観てほしい。

電マ使わないのはさすがだなって思ったけど、バイブくらいはほしかったかも。

おいらもまだまだ修行が足りないね。

濡れまくりというより、逝きまくりと題した方ピッタリですね

股縄でペッティングで鞭で蝋燭で男根で、とにかく最初から最後まで逝きまくりです。

その逝きまくり方が大げさでオーバージェスチャーだと見る側はかえってシラケテしまうのだけれど、たいして美人でもない黒川なみは素直にSMの快楽に身を委ねようとしているところが好感をもたせ、見る側もつい引き込まれてしまう。

押し殺してもつい漏れ出てきてしまう女の快楽を表現する日本的な美意識まではないけれど、何時果てるとも知らない、くり返す波のうねりような女の被虐の歓びと欲望の姿は、SMという世界があることをリアリテイをもって説得しているように感じられる。

ただビデオとして難点を挙げれば若い男優二人と入浴して絡む部分は全く不要でマイナス出さえあると思う。

黒木なみ、はまあまあ可愛かったし

責めはぬるいけど、シットリとした情感に溢れ(?)、なかなか、いい作品でした。

志良玉と川端(?)との入浴シーンは、確かに不要とまでは思わなかったけど、流れが断ち切られて、半端です。

黒木なみ、出演作品がほとんどなく、素人同然(?)というのも、なんか、そそられます。

縛られた上に蝋燭を垂らされた女が、パコパコとハメられる姿は、エロいです。

「絶頂濡れまくり」の本編動画はこちらから