2020年11月27日

【舞咲みくに】評価が分かれる作品 – 夫の目の前で犯●れて- 訪問強●魔6 舞咲みくに

投稿者: erotaro

夫の目の前で犯●れて- 訪問強●魔6 舞咲みくに

瞳は平凡ながらも夫と幸せな毎日を送っていたが、マンションの管理会社を装って訪ねてきた男にレ●プされてしまう。

合鍵を持ち去った男は、連日瞳を犯しに現れて…。

犯●れ続ける毎日に次第に変化してゆく淫らな体…。

「夫の目の前で犯●れて- 訪問強●魔6 舞咲みくに」の本編動画はこちらから

女優名: 舞咲みくに

ドラマ、カラミ以前に

二度めのカラミの光線ひどすぎ。

良い画になってないのは撮影の最中に気づいていると思うんだけど、AV業界の撮りっぱなし体質が透けて見える感じ。

編集でどうにかなると思ったかもだが、直感でどもならんて。

アタッカーズで、しかも看板監督がこれをやっちゃダメだと思う。

作品の善し悪しは運命と思って受け入れるけど、技術はあるのだから、失敗影像をそのままパッケージしてエンドユーザーに届けることには疑問を持って欲しいもんです。

舞咲みくには白いしっとり肌で、髪の色も明るくて、ライティングが上手くいっていれば、このパートも相当キレイに撮れたはずなのに、もったいないなー。

確かに物足りない

本当は非常に悪いであるが、女優さんが良いので一つUP。

最初から無理があったが、そんなのは男優の力で何とかして欲しかった。

今回は無かったことにして(廃)、田淵君で作り直してくれないかな。

女優さんが勿体ないし、シリーズが勿体ない。

舞咲の美乳と匂うような色気がいい!

マンションの水漏れ点検でやってきた男にレ●プされ、合鍵を持ち去った男にその後も犯●れ続けるうち、次第に官能に目覚めていくという若妻役を舞咲みくにが演じている。

正直、全編を通じて無理がある展開と、レイパーとして新しく起用された男優の演技の未熟さが目立つ。

一方で評価できるのは、何と言っても舞咲の美乳と匂うような色気だろう。

今後、さらに演技力に磨きをかけて、「あなた許して」でじったとの絡みを観てみたい!

ミスキャスト

この手の作品の場合、若妻には中年の男、熟女には若い男が似合う。

若妻に若い男では陵●感に欠けるのだ。

最初に感じた物足りなさはそれだ。

性交場面はそれぞれ結構長いのだが、単調に感じるのは、舞咲みくにの反応の変化が乏しいからだろう。

最初は激しく抵抗し、だんだん弱くなり、最後は思わず自ら腰を振っていってしまうという変化が欲しかった。

作品中でもいったのかどうかわかりにくかった。

舞咲は化粧が濃い、もっとナチュラルなメイクのほうが若妻らしくていい。

このシリーズより「あなた、許して」でセックスの上手な男に完堕ちしてしまう若妻役を見たい。

作品としては及第点だが、映像に凝り過ぎの傾向が・・・

もう少し求める場面をしっかりと描いて欲しかったが、作品としては及第点だと思います。

ただ最近のこのシリーズや「あなた許して・・」に見られるものとして、光を使った陰影を多用するあまり、ホワイトバランスがとれずに見辛くなっている点を指摘しておきたいと思います。

確かに今までのAVとは一線を画すシリーズであることには間違いはないのですが、おそらく視聴者は過度の芸術性は求めていないと思います。

 作品にはいろいろなストーリーがあるのでしょうが、押さえるべきツボは押さえていればこのシリーズは続くものだと思います。

 映像美を追究するあまり、本来の良さを失うことを考えて欲しいものです。

いい体しているのになぁ

レ●プ・屈辱ものよりも明るいSEXの作品が似合うなぁ。

初期の作品が好きです。

最初で減点しましたが…満足!

最初の●すシーンですが、いきなり行為の場面からなので減点にしました。

もう少しシチュエーション、追いつめていくストーリー性が欲しかった。

それと、舞咲さんのナイスバディが半減…太陽の陽射しでしょうか、眩しすぎますよ。

しかし、ラストシーンは、体位を変えすぎで長すぎたきらいはありますが、女優の感じていく表情、あえぎ声がとても良く満足です。

前半で減点、ラストで満点の印象です。

「あなた、許して」シリーズに出て欲しい女優さんです。

阿川が、このシリーズに登場か!!

このシリーズはそこそこ、好きで、最近の作品はどんなだろうと最新配信作をDLしたら…。

阿川は私の好きな若手(?)男優の一人。

2000年代最初のころはvariety風味のAV作品にも出ていたけど、その後はもっぱらスタジオ撮りのAVFUCK専門で、絡みはpowerfulだけど性格はsoftで、AV女優の受けも、良い、という印象。

そんな阿川が出ていたので、興味津々で観賞したけど―阿川の演技力がイマイチなのを監督がわかっていて「こういう」drama部分を薄くして(?)絡み中心の、いわば(プロレスでいう所の)strongstyleの作風にしたのかな。

舞咲みくに(初見)も、身体・容貌・殻見はniceだけど、演技力はイマイチ、という印象。

男優・女優の特性を見極めた上での、作りですね。

あそこで

パイズリが無いのが不満ベランダでフェラ、お風呂場セックス、マウントフェラパイズリが出来るシーンは沢山あった筈映像が綺麗に映っているのに勿体無い

新たな展開に期待

普通の評価でしたが新鮮な部分を評価しまして。

残念だったのは既に侵入者に縛られて片方の乳房が出た状態でスタートしたこと。

編集でカットされたのかもしれませんが、段取りが悪かったとしても追い詰めた過程は反映して欲しかったです。

あと、なぎら監督は照明での演出にも凝ってらっしゃるんですが、寝室での2回戦目は明るすぎました。

暗いと残念などの文句を言いますが、明るすぎてもダメですね。

花岡じったさんは別のシリーズに格上げされたのか?ジャケットの写真からして「笑顔」ですし、パターン化した中でちょっと変化をつけていきたいのか今後に期待です。

見ていて疲れる

期待通りの美しい裸体を楽しめた点は満足です。

ただ、最初の絡みから終始ハイスパートで、これでは女優さんも大変だった事でしょう。

男優が頑張り過ぎちゃったと思います。

緩急を身に付けてもらいたいですね。

カメラワークが・・・。

カメラワークが悪すぎ。

結合部分になると男優の腕が邪魔になって見えない所が多い。

せっかくの抜き所なのに不完全燃焼の感がある。

それに太陽の光、当てすぎ。

まぶしくと言うか女優さんの体が白く扁平になってしまい体の隆起とか膨らみが分からない。

男優も言葉少なで今一、やっぱりこのシリーズの男優は「じった」か「田淵」がよく似合う。

若妻

水準以上の作品。

女優さんは初見だが、若妻らしい初々しさが出ててよかったです。

みくにの白い肌

みくにの透き通た白い肌、オッパイは若妻らしく、抜けた。

他の作品でも若妻役で出て欲しい。

満足

この女優はフェラ顔が普段より美しい。

セックスしてる時の顔が角度によっては往年の大女優高峰三枝子に見える時がある。

男優は直線的で見せ方や技巧は皆無に等しいがそれを補っているのが女優の色気。

今後のアタッカーズ作品が楽しみ。

ウナギ食って旦那ともやった筈なのでその絡みも出せばレ●プ魔との対比が出来て良かったと思う。

最近このシリーズもマンネリ気味で個人的に抜けなかったがこれは抜けたので非常に良いとします。

何故か物足りない

女優さんは悪くのないのですが、何故か物足りないこのシリーズの醍醐味は、最初にレ●プされた時の恐怖 後悔が犯●れる事に快感に変化してゆくところにあると思います背徳感を感じながらも、快感に身を任せて堕ちてゆくところが見せ場であって欲しい。

この作品は100分ですが、Hシーンが他作品に比べてとても長く感じられました。

単調だからでしょう。

言葉で攻めるとか、絶頂を何かで表現するとかの工夫が欲しかったような気がします。

でも女優さんは、タイプなので是非「許して・・・」シリーズに出て欲しいと思います。

ちょっとなぁ・・・

みくにさんのボディに惹かれて見てみたが・・・・若妻が堕ちて行く相手としてガテン系の若い男を使ったのは草食系の旦那との比較で正解だと思う。

しかし、せっかく風呂場のシーンで積極的なベロチュウが見れたのにその後のシーンではまたいやいや犯●れてるように見える。

初めは無理やりだったのが何度も犯●れてるうちにそれが悦びに変わって行くことがわかるようにいろいろなシチュエーションでのセックスシーンをちりばめて段々堕ちて行く演出が欲しかった。

最後のセックスシーンは正常位が長すぎ。

今回はダメでした

最近の「夫の目の前で犯●れて」は出来・不出来の差が大きいです。

今回は「早送り」で10分で鑑賞完了。

女優と男優共にハメハメ大王のハードルをクリアしていませんでした。

製作者は何故かを考えてくださいませ。

この男優さん、激しく動きすぎ

まあ女優さん、男優さんの演技の点は、極力排除した演出なので5回とカラミが多いのですが、1回目は縄を使った強●プレイでそれなり陵●感でてましたが、2回目と4回目、5回目がほとんど同じパターンで、さらに同じ体位ばかりで飽きる。

3回目の風呂場のシーンで立ちバックをしてるが、この女優さんなら美乳が強調される、この立ちバックや立ち正面Fuckを行うべきではないのか。

この女優さん、お尻の形も良さそうなのですが、ベランダのフェラでの半ケツくらいでお尻の形さえ判断出来るショットが無かった。

あと男優の動きが激しすぎる。

男優が激しく動く為、女優さんも震えてしまい本来女優さんが感じてる時のカラダの動きや表情が視認しにくくなってしまった。

ベランダでのフェラシーンのみ激しくなく、女優さんの表情がよく分かって良いです。

何かものたりない感じが.....

今回の犯人は右腕にタトゥーがあり新鮮さはあると思いますがどうもfuckで迫力に欠ける感じで冒頭→舞咲さんが正夢で犯●れる所は○で次に夫が出勤後にマンションの管理会社の雨漏り点検で来た犯人の服装は頭に頭巾で労務者風で怪しくて不自然で最初→キッチンで襲われ次(6分23秒)~舞咲さんがソファーで猿轡に紐で縛られていて→ここは縛る所を見せれば兇悪&リアル感が増し尚良で次のイラマは勃起不足ですぐに辞め....不満。

舞咲みくにさんは顔は可愛くて犯●れる時の演技はシリーズ中ではふつうという感じで夫との食事の場面&寝室の場面で→背徳感(顔の表情とう)やや足りない感じがします。

フィニッシュの中出しや中盤のストップモーション凌●、終盤の夫拘束で犯しと一様ありますが出来としては何か物足りない感じがしました。

評価が低いのが不思議

セル版発売当初、あまり評価が高くなかったので買わずにレンタルを待ったが、見てみるとかなり良かった。

何より女優の舞咲みくにが良い。

派手さはないが清楚な雰囲気を感じさせる顔立ち。

肌が白く、バランスのとれたプロポーション。

ドラマ部分よりカラミが多い展開だったが、その分繰り返されるレ●プの中、肉欲に堕ちていく人妻の様子がよく伝わってきた。

冒頭の悪夢が、夫のセックスへの無意識の不満を表していて、レイパーになびいていくことへの不自然さを緩和している。

男優は花岡のような激しさも、田淵のようなねちっこさもなく、●す側としては個性がないが、AV男優は女優の良さを引き出せれば良いので、これで十分。

最近の「夫の目の前で」ではかなり上質な方。

このシリーズで完堕ちパターンが好きな人には是非見てほしい。

評価が分かれる作品

今回若手男優さんが頑張っていましたがレ●プ魔の設定だったのでどうしても、あの稀代のレ●プ魔花岡じっ太と比べてしまう自分がいる。

あそこはじっ太だったらもっとガンガン攻めるなとかもっとこの女優さんを活かせられるかなとか。

そういう目で観てしまうので適正な評価とは言えないかもしれません。

旦那が帰って来る時の絡みとバックが多めな所が良かったですかね。

「夫の目の前で犯●れて- 訪問強●魔6 舞咲みくに」の本編動画はこちらから