2020年11月8日

【神波多一花】神波多一花 を初めてみた作品。 – 毎朝、通勤電車で目が合う綺麗なお姉さん 気になって後をついて行ったら、強引な男たちの肉棒を嫌がりながらも咥え込み、快感に溺れてしまうイヤラシイ女だったので、我慢できなくなった僕も思い切って彼女の家に侵入、決死の思いで襲いかかってみた… 神波多一花

投稿者: erotaro

毎朝、通勤電車で目が合う綺麗なお姉さん 気になって後をついて行ったら、強引な男たちの肉棒を嫌がりながらも咥え込み、快感に溺れてしまうイヤラシイ女だったので、我慢できなくなった僕も思い切って彼女の家に侵入、決死の思いで襲いかかってみた… 神波多一花

通勤途中、いつも目が合う素敵な女性。

我慢できずに後をつけてしまった僕。

実は彼女は、男に迫られると拒めないほどに快感に弱いイヤラシイ身体のオンナだった。

駅でイマラされ、ザーメン口内発射!会社で清掃員に襲われ中出しSEX!我慢できなくなった僕は、彼女の家に侵入!下半身を露出して彼女を襲う…僕の恋は実るのか。

「毎朝、通勤電車で目が合う綺麗なお姉さん 気になって後をついて行ったら、強引な男たちの肉棒を嫌がりながらも咥え込み、快感に溺れてしまうイヤラシイ女だったので、我慢できなくなった僕も思い切って彼女の家に侵入、決死の思いで襲いかかってみた… 神波多一花」の本編動画はこちらから

女優名: 神波多一花

「目が合う」点は期待通りだったが…。

主人公が「強引な男たちの肉棒を嫌がりながらも咥え込み、快感に溺れてしまう」シーンを見れたのがトイレの件だけなので、我慢できなくなった感を上手く表現できていません。

その為押しに弱いヤリマンの作品に成り下がってしまったのが残念でした。

神波多一花 を初めてみた作品。

強引にさせると受け入れてしまうそんな女性を見事に演じきった。

中出しされた後の満足そうな神波多一花の微笑みにグっときた。

おっぱいは小さいが中々良い女優さんだ。

俺も神波多一花を苛めたい。

「毎朝、通勤電車で目が合う綺麗なお姉さん 気になって後をついて行ったら、強引な男たちの肉棒を嫌がりながらも咥え込み、快感に溺れてしまうイヤラシイ女だったので、我慢できなくなった僕も思い切って彼女の家に侵入、決死の思いで襲いかかってみた… 神波多一花」の本編動画はこちらから