2020年11月8日

【灘坂舞】ドラマ要素が強く… – 追憶の二重奏 灘坂舞

投稿者: erotaro

追憶の二重奏 灘坂舞

ピアノ講師の舞は、生徒・誠の自宅に訪問して指導を行う。

誠の母親は数年前に他界しており、舞はその母親と似ていた。

舞が服部家のピアノを弾くようになって、全員が舞と母親をダブらせ、異常なまでの愛を押し付けていく…。

「追憶の二重奏 灘坂舞」の本編動画はこちらから

女優名: 灘坂舞

全く使えない作品

灘坂舞の素晴らしいオッパイを期待してレンタルしましたが、彼女のオッパイを堪能できる内容ではなく、全く使えませんでした。

素材が良いだけに、本当にもったいないと思います。

ストーリーも平凡なもので、特に見所となるシーンもありませんでした。

灘坂舞作品のコレクター以外には、必要のない作品でしょう。

ちょっとこれはいかがなものか

せっかく美巨乳の女優さんなのに、騎乗位やバックが少ない。

組み敷かれた正常位の体勢が延々続いて、巨乳を堪能できないのはフラストレーションが溜まるだけ。

(現にサンプル画像6枚中5枚が正常位である)その点が気になって、どんなストーリーなのか途中でどうでもよくなったぐらいだった。

女優さんの魅力を減じる撮り方だけは勘弁願いたい。

やっちまった感じ

いわゆる表現者気取りの、独りよがりな監督の作品と言っていい。

平凡な筋書きにつまらないカラミはAVとして最低ランクだが、さらに意味不明な映像のエフェクトが無駄な個性を主張していて、勘違いっぷりにゲンナリする。

センスがない人間の自己主張に付き合う寛容な人以外は見る価値がない。

星1つでも多いくらい。

ドラマ要素が強く…

舞はピアノの派遣講師として、教室を運営している男の関係の生徒の家を訪れる。

その生徒の母親は他界しているのだが、舞とうり二つ。

生徒も父親も、そして派遣元の男までが、その母親と舞をダブらせ、舞はそれぞれの倒錯した想いの中に巻き込まれていく。

と、やや複雑な人間関係や心理描写が映像に反映されており、全体的にはドラマの面が強調されている印象を受けました。

美形で胸も大きい舞さんですが、同じアタッカーズなら「夫の前で犯●れて」のほうがオススメです。

「追憶の二重奏 灘坂舞」の本編動画はこちらから