2020年11月29日

【水沢のの】哀愁漂う喪服の性奴●。 – 未亡人奴● 水沢のの

投稿者: erotaro

未亡人奴● 水沢のの

「私は…生きていては…いけない人なのです…。

」 夫が亡くなった原因が自分にあると思い込み、自らを責める未亡人妻。

不慮の事故で兄を失った義弟は遣る瀬無い心の痛みを彼女にぶつけ、激しく罰する。

不自由なく順風満帆に結婚生活を送るはずだった若妻は自暴自棄からか、心の拠り所を求め、かつての恩師にすがってしまう…。

「未亡人奴● 水沢のの」の本編動画はこちらから

女優名: 水沢のの

哀愁漂う喪服の性奴●。

水沢ののさん喪服が似合っている。

表情も影を感じさせる悲壮感があって良い。

喪服姿で襲われてなすがままにカラダを奪われる未亡人。

黒ストッキングも白い肌に映えていやらしい。

肉棒を口に入れられて、懇願するような目線で男を見上げてイマラチオされる。

その哀しみに満ちた顔は、犯●れながらも性欲の渇望に飢えている。

夫を亡くした哀しみをセックスで満たし、奴●になり下がる水沢のの。

なんと言ってもその泣きそうな瞳が愛くるしさを感じさせて、もっと虐めたくなる。

ハイライトは最後のシーン。

頭に喪服のベールを被ったままの格好で犯●れるシーンはとても綺麗。

性奴●としてなすがままに罵声を浴びながらマンコに肉棒を入れられるシーン。

喪服に首輪はとても似合っていて素晴らしい。

書斎のテーブルの上でM字に股を開いて、よだれを垂らしながら「私をもっと叱ってください。

」と哀願し快楽に溺れていく未亡人。

次第に陵●されていくうちに抜け殻になっていく姿は素晴らしい!極太の肉棒がマンコに突き刺さる度に、ののは自ら腰を振り快感を貪る。

最後はご主人様の濃厚ザーメンをお顔で受け止めて「ごめんなさい。

」と泣きそうな顔で許しを乞う姿は、とても興奮を覚える。

いっそう未亡人のお口にこれでもかと肉棒を押し込んで、泣かしてみたくなる。

こんな従順な性奴●がいたら、心ゆくまで思いっきり陵●してみたい。

未亡人にして完璧な性奴●・水沢のの。

いやらしい!いやらしい女だ!

「未亡人奴● 水沢のの」の本編動画はこちらから