2020年11月14日

【森沢かな(飯岡かなこ)】やはり森沢かなはハード系が◎ – 拷虐の潜入隷嬢 Episode-1:素顔が暴かれた瞬間に女はイキ狂う 森沢かな

投稿者: erotaro

拷虐の潜入隷嬢 Episode-1:素顔が暴かれた瞬間に女はイキ狂う 森沢かな

国内で最大と言われるドラッグ密売組織「ゴースト」。

その全容はヴェールに包まれ絶対に尻尾を表さない。

業を煮やした中央犯罪捜査局は、極秘作戦として、くノ一秘密組織「月紅」に違法な潜入諜報捜査を依頼し突破口を開こうとしていた。

そして、ゴーストの関連会社である商社「クリスタルアーム」に月紅のメンバーであるレイが伊波詩織として送り込まれたのだった。

【※画像・音声に乱れがある場合がございますが、商品自体の不良ではございませんので、ご了承ください】

「拷虐の潜入隷嬢 Episode-1:素顔が暴かれた瞬間に女はイキ狂う 森沢かな」の本編動画はこちらから

女優名: 森沢かな(飯岡かなこ)

スレンダーなボディー

潜入捜査官に扮した森沢かな。

かなり綺麗なお顔をしていて,スレンダーなボディーも魅力的。

結局は,悪の組織に捕らわれ,拘束されてのオ○ンコ中心の快楽攻めで凌●される設定です,一瞬見せる気が強そうな表情。

綺麗なお顔なので,さらに「いい顔だ」と感じてしまいました。

もちろん,玩具攻めで,スレンダーなボディーをくねらせながら,オ○ンコ感じて喘ぎイキ,電動ドリルバイブでの攻めも受け,かなのオ○ンコ崩壊か?いずれにせよ,テカらせたスレンダーなボディーがいい感じだし,興奮させる女です。

〆は,チ○ポによる全裸SEX。

充分に玩具攻めされたオ○ンコだけど,キッチリ感じてイキまくる性的ド強さを見せた森沢かなでした。

嫌がっている感じが終始出ていて良い

ほぼほぼ終始嫌がって犯●れている感じが出ていて良い。

特に最後の絡みのところは脚を閉じようとしているところがエロい。

バックの際に自分で出し入れしているところはいまいちだが、美女が犯●れている感じが出ていて総合的には良いと思う。

イキ狂ってる感じはしない

女優さんのルックス、ボディは申し分ないが、肝心の責め、責めに対する反応は、イキ狂う、と言った感じはしなかった。

もっと激しいリアクションを期待していたので、ちょっとだけ残念。

くの一の設定意味無い気が・・・・

ただの潜入捜査官じゃなく、くの一がってのは、いつもと違う展開を期待したが全然意味無かったので、ちょっと残念!今回は、潜入がバレ、拘束され、素性がバレないように、快楽には身を委ねる的な感じだったので、媚薬効果で、体は素直に感じまくってくれているので調教シーンは、最初から最後まで、いい感じ!でも、心が墜ちないので、最後のHシーンでも理性ありって言う感じで体だけ敏感になっているもの・・・・心は抵抗しているので、いつもような乱れっぷりは少なめ!最後にくの一の忍術を使って、何かして欲しかった。

いいね!

森沢かなさん・・なかなか良い。

スレンダーなきれいなからだ。

陵●される姿がすばらしい。

・・で、全体を通してみると・・良いんだけれど・・今ひとつ迫力が足りない。

彼女が絶叫型ではない・・こともあるかもしれないが・・半分以上、着衣でほとんどからだが見えないのも問題。

少なくともうつ伏せ縛りの時は全裸にして、きれいなからだを見せないと。

もう一つ、彼女・・スレンダーなからだにヘアが良く似合っていたが・・これはパイパン・・なにかアクセントがなくなった感じ・・どうして剃った?

イカサレ続けるかなてぃ。

とにかくイカされてもイカサレても美しく喘ぐかなさんが素晴らしい。

身体中をひくひくと痙攣させ、均整のとれた美ボディを魅せてくれます。

何度もお世話になる作品の一つです。

いんだけど

フェラがほとんどないとか、セックスシーンも最後のほうだけで、極力 抑えられているとか、 わたしの好みです。

その点は 申し分ない。

ほかのメーカーにない かなり思い切った構成だ。

すごく評価できる点だ。

ただ、残念なのは、 過去の 人妻アクメシリーズとか 達磨シリーズと比べると、淡白になった。

ねっとり感がない。

じわじわ来る感じが薄れた。

例にとると、 すぐに下着を剥いでしまうとか。

このことが 星五つにはならなかった理由だ。

私の見るところ、業界全体が 描き方が淡白になっているような感じがするね。

昔のようなねっとり感が薄れた。

やはり森沢かなはハード系が◎

森沢かなはハードに拘束されガンガン責められる作品が一番好き。

普通のプレイだと余裕がある感じがしてしまい、これくらいでないとね。

「拷虐の潜入隷嬢 Episode-1:素顔が暴かれた瞬間に女はイキ狂う 森沢かな」の本編動画はこちらから