2020年11月15日

【佳山三花】相変わらずスーパーボディ – SSS-BODY 女のカラダは嘘をつかない汗の量で選ぶ。 佳山三花

投稿者: erotaro

SSS-BODY 女のカラダは嘘をつかない汗の量で選ぶ。 佳山三花

SSS-BODY連続リリース第3弾!!S級女優・佳山三花がE-BODYに光臨!!霊長類ヒト科最強エロボディでアナタを誘惑します。

汗は嘘をつきません。

汗を大量に噴出させての本気度MAXのSEXを魅せます!絶対に損はさせません!

「SSS-BODY 女のカラダは嘘をつかない汗の量で選ぶ。 佳山三花」の本編動画はこちらから

女優名: 佳山三花

普通

今の佳山三花なら普通にこのくらいの作品は撮れてしまうだろうから何の工夫もされてない作品という事になる。

前作が余りにも強烈だったので期待も大きかっただけに残念。

それにしてもタイトルに汗という冠をあえて付けて、それだけの効果が得られた作品というのは皆無に等しい。

結果として出てるから興奮するのであって、最初から狙ってやられてもダメという訳です。

安パイ

*永遠なる接吻性交*息も絶え絶えの欲情*剛毛マンコに刺さる肉棒*いやらしく輝く肉体*流れる汗、激しいセックス一皮剥けたかのような激しいお掃除フェラこんな女と結婚したい。

新鮮味はないが。

はいはいmondo監督ね。

まあいつものe-bodyね。

ええんとちゃいまっか。

僕の指や手が股間部に伸びつつ見るというかむしろ見られるという逆転的な現象を頭の中で描き、それでいて、頭の上から足先までがビクビクしてくる僕、部屋の隅にはいつも置いてある防虫剤も小躍りを始める勢い。

評価としては★4が妥当であろう。

同工異曲

実にいやらしい美顔とカラダなのだが、どうも最近の性技はワン・パターンではなかろうか。

同じシリーズで同じような男優とのカラミ。

もっと他のレーベルやシチュエーション(例えば、ひたすらに凌●されまくる展開など)での活躍を期待したいのだが・・・3Dや写真集付きなど、様々な企画で売り繋いできた佳山三花嬢だが、次はどんな手でと思っていたら次作がファイナル?もっと堕ちれば、まだまだやっていけるSEX人形なのに勿体無い。

美しく、エロく、激しく、情感のある秀作。

素晴らしく綺麗でエロいです。

着衣の姿から既にエロさムンムンで、脱がされながら見せる腰から脚にかけてのラインは、特筆ものです。

また、ともすればサイボーグ的に見えてしまうこの女優さんのカラミも、今回は男を求める情感のあるSEXで、相手を見つめる眼差しや熱いキスなど、気持ちが深く入っていることが伺えます。

また激しいキスでルージュが落ちてしまった唇が妙に生々しくエロく、自分の股間を相手に押しつける激しい腰のグラインド、吸い尽くすようなお掃除フェラも実にエロいです。

5つのチャプター全てで集中力が高く、美しさとエロさ、激しさと情感が高いレベルで融合した佳山三花のベスト作の一つだと思います。

後顧の憂いなし…

やや痩けてきたため、どことなく久〇雅〇に見えたりする瞬間があるが(ある意味それをセクシーと感ずるムキもある?)、エロい肉体は堪能させてもらった。

引退とのことだが、このような記録を残していけば後顧の憂いも減ずるというもの。

完璧な美ボディー

多少の修正はアリと分かっていても,パケの佳山三花は,素晴らしい。

完璧な美ボディーに撮れています。

そんな美ボディーを武器に全裸で男と絡む三花。

激しいプレイシーンが満載で,完全にセックスに没頭しています。

髪の毛が肌にへばりつくくらいの汗を発散しての絡みぶり。

お口,バスト,オ○ンコでのチ○ポさばきは,素晴らしいです。

勃起した乳首,引き締まったウエストが興奮させます。

これだけの美ボディーなので,付属の写真集もいいかもね。

「プレイガール」で見れる単体は、本作だけか

2011/02/13releaseで、1982年10月13日生まれの彼女、30歳だったのか。

引退発表直前のreleaseだったんですね。

本作、引退ラス前の作品か。

なんとなく名前だけは知っていたけど、単体を見るのはコレが初めて。

顔も身体も、エロいですね。

#1 potapota大島。

#2 若手。

ハメなしか。

#3 シミケン。

#4 軽いonanie。

#5 イタリアン。

ともかくaggressiveで、niceでした。

男を求めまくるE-BODY!!

あのボディーであんな求め方されたら...どんな男も激しくしたくなっちゃうね!、それに激しくすれば、もっと激しい事を求めるあのボディーは止まらないって感じで次々に男を求めてます、特に立ち絡みは見せつけてくれますよっ!、しかし最初から最後まで同じような場所で同じような絡みをされたら、満足してるのは、三花嬢のボディオーを堪能してる男優のみで見てるオイラは、後半飽きてくる...せめて場所ぐらいは変えてくれると少し雰囲気が変わってると思うけど..例えばキッチンや玄関近くとから最初から最後まで激しい立ち絡み&立ちFuckとかね!

変わり映えしない作品構成

濃厚淫乱系作品ではあるが乱丸程下品でもないのだが、やはり構成がワンパターンで作品数が増えるにしたがってつまらなくなる。

女優が違うのだからその女優の良い所をもっと引き出したほうが良い作品になる。

それにいい加減あの包○男優使うのもやめてほしいものだ。

あと佳山三花嬢だが、好きな女優ではあるがもう少しプロ意識を持ってほしいものだ。

顔に吹き出物があってガッカリする。

プロなら身体のケアからしっかりとしてほしい。

三花さんと作品がマッチしてます!

このシリーズの作品作りに佳山三花さんは会ってるように思える作品です。

ただやるだけの絡みですが、カメラアングルも変化があり、単調さを感じることなく、三花さんのエロさを十分に楽しむことができます。

オナニーは無くてもよかったと思いますが、フェラ抜きのシーンは、いやらしい視線がGoodです。

相変わらずスーパーボディ

いつ見ても迫力のあるボディにあどけないルックスと激しい交尾で楽しませてくれる佳山三花。

今回の作品で得に印象に残ったカラミは:ー1)34:08あたりのフィニッシュを舌受けする場面。

攻撃的なお清めを続けて一物が反り返って口から外れても、さらにくわえ直してマウントポジションになって執拗にお清めを続ける場面。

2)1:53:35あたりで見せる正上位で下からガンガンと腰を使って男をフィニッシュへ導きザーメンを舌で受け止める。

なおも男の腰に手を回して攻撃てなお清め。

切なそうな表情を浮かべながら、男の一物を再度受け入れる。

そしてフェードアウト。

余韻を残すラストのカラミ。

ありがちなフォーマットでも女優が佳山三花なら好評価を与えたくなる。

「SSS-BODY 女のカラダは嘘をつかない汗の量で選ぶ。 佳山三花」の本編動画はこちらから